表札の製作例 2021-7

一年最後の月に入りました。

先月は親知らずの抜歯で大幅に予定が狂ってしまいました。
現状ですが、先々週に大きな穴にぎっしりガーゼを詰め込まれて最初は痛かったのですが、今はもう穴が塞がったかのように痛みはほとんどありません。ただ治ったわけではなく今週病院でガーゼを詰め直し、その際に出血と再治癒が始まるそうでまだまだ完治には時間がかかるようです。 それでも歯痛も頭痛もほぼありません。 長いトンネルを抜け晴れ上がった空がまぶしい気分です。よかった~としみじみ健康をかみしめています。もちろん両方の歯でも。

今年の製作例紹介が滞っていましたのでご紹介します。

チーク材の表札

チーク材のシンプル表札。こちらは板目板で、オーダーにてフォントを選ばれています。

チーク材の浮き文字表札

こちらもすべてチーク材です。
実はこちらの表札、「角」と「南」のフォントを別々で作っています。それぞれオリジナルのフォント2文字の雰囲気がお好みではなかったため、気に入ったものを組み合わせました。まったく違和感ないものになっています。

画像の説明

チーク、大きなサイズの表札です。
英字の間隔や細かなところまでやりとりして完成した表札です。番地はモザイクを入れています。

画像の説明

「彫刻の表札 №1 凪」 の彫り込みを表面に施し、切り抜きではなく浮き文字として取り付けています。 どっしりしたチークと落ち着きあるフォントと相まって風格ある表札になりました。

栗材の表札

彫刻の表札として製作しています。あまり陰影が見えないですが彫り込みをしています。 素材は栗材、楷書体でお二人のご苗字を切り抜きました。

最近のご依頼いただく傾向としては今回のご紹介の通り、正方形とチーク材が多いですね。
チークは耐候性のある木材としては間違いないです。ただどうしても仕入れが他と比べられないほど高価なのでオプションの価格としています。それでも持続的にご提供が厳しいかなと感じており、価格変更を予定しています。どの表札もそうですが材料の良い部分を使用するため無駄になる部分が多くなってしまいます。ご了承ください。

コメント


認証コード7506

コメントは管理者の承認後に表示されます。