デゥオルト 糸のこ盤の基盤

昨日同じ糸のこ盤を使用している方からメールがあり、スピードコントロールができなくなって困っているとのメッセージがありました。
その方の知人で電子機器に詳しい方によると、基盤の抵抗器というものが焼けていて、それを取り換えると復活するのではという話です。

もうこのあたりで素人の私には分からない事なのですが、調べてみますと小さな抵抗器の表面に4ないし5本のカラーがプリントされており、そのカラーで様々な型を示しているらしいです。

この糸のこ盤は日本では個人輸入でしか使用できないため代理店も修理してくれません。そのため情報の共有として私の機械の基盤を写真に撮りましたので、ブログにアップします。

いまのところ私には「???」というものばかりですが、壊れた場合はこれらの写真が重要になってくるかもしれませんし、いま困っている人もいるかもしれません。参考にしてください。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

色が見やすいように大き目の写真にしましたが、それでも見えにくいという場合はメール下されば大きいサイズの写真もありますので送れます。

しかしこういう基盤を斜めから見ると、精巧な未来都市のミニチュアみたいなワクワクする気分になります。

こんな内部の写真、公開してもいいのかな?と思いましたがiPhoneは新作が出るたびに内部構造を暴かれていますから、特に問題ないはずですよね。

どこかの困っている方のお役に立てれば幸いです。
私も困ったときは誰か教えてください…。

コメント

  • DEWALTのスピードコントロール修理

    みつより舎さん 鮮明な写真有難うございました。おかげで焼損した抵抗器(R7)の抵抗値を読み取ることができました。焼損の原因になったと思われるその右上のOPアンプ(黒色)の2点を取り替えて無事に修理完成しました。途方にくれているだけの私に援助いただいた みつより舎さんのご親切と友人の知識に大感謝です。簡単ですがお礼方々報告します。



認証コード6876

コメントは管理者の承認後に表示されます。