塗料に関して

当工房の表札は木の雰囲気が感じられる塗料を使用しています。

表札は主に屋外で使用されますので、紫外線や温度・湿度の変化や、時には雨にうたれる事もあります。

それぞれのお家の環境に合わせた仕様に制作しますので、塗料の違いを知っていただきたいと思います。

また、お客様に掃除をしたり塗り直しをしていただいて大事にメンテナンスしていただくのがみつより舎の表札です。

それぞれの塗料の持つ特徴を記載します。

オイル仕上げ


オイル塗料は木の内部に浸透して木部を強化しますが、表面に塗膜を作らず、木の持つ手触りや質感を味わうことができます。

湿度や温度変化に対する木の動きや呼吸を妨げないため、塗料が剥がれ落ちるという事はありません。

一方でオイル仕上げは塗膜をつくらないため、いつも雨に打たれる場所やメンテナンスできていないと早い劣化につながります。長期的に使用するためには定期的なメンテナンスが必要ですが、魅力ある塗料です。

現在使用しているオイルはドイツのリボス社のオイルです。自然環境に配慮した優れた塗料を開発しています。

実際に使用しているオイル

オイル塗料

基本的に下塗りオイルを含めて3度塗りしています。

設置場所をお客様にお聞きして、その環境により木目や手触りを生かせる拭き上げ仕上げを行っています。

リボス・デュブノ
プライマーオイル(下塗りオイル) リボス・デュブノ

上塗りオイルとしっかり結びつき、塗りムラや木の割れがが起きにくくするオイルです。


タヤエクステリア
上塗りオイル リボス・タヤエクステリア 

屋外では紫外線によりウォルナットなどの濃い木材は色が薄くなります。
紫外線をカットし、色味を保てるようにカラーオイルを使用します。
木目をつぶすような着色ではなく、木の持つ色合いを深めるような仕上がりになります。


白色系の木材には、リボス・カルデット(クリアー色)をつかっています。
この塗料も屋外での使用に向く耐候性オイルです。

リボス・ドノス
防腐オイル リボス・ドノス

木を腐敗から守るオイルです。設置環境により使用させていただく場合があります。

オーナメントなど家の中で使用するものにはドイツ・プラネットカラーの グロスクリアオイルを塗布しています。熱に強く、撥水性や手垢などの汚れ防止効果もあります。
こちらのオイルも成分はカルデットと同様、安全な塗料です。

メンテナンス オイル

画像の説明

オイル塗料は自然に成分が抜けていきます。日光や雨が当たらない場所への設置の場合は1~数年に一度、時々雨が当たり、直射日光も当たるような場所には半年~1年に一度はオイルの再塗布が必要です。

オイル仕上げの表札をご注文いただいた方には使用しているオイルを50ml付属しています。
再塗布は面倒と思うかもしれませんが、一度行うと愛着が沸いてきます。
詳しいメンテナンスの方法はメンテナンスのページをご覧ください。


塗膜塗料(ウッドスキンコート)仕上げ



オイル仕上げが素敵な手触りを持つ一方、水や汚れなどに対しては塗膜塗料が優れています。

使用している大洋塗料のウッドスキンコートという塗料は、固い塗膜ができる塗料ではなく、皮(スキン)のように伸び縮みする塗膜を作るため、温度変化による木の動きにも追随して剥がれ落ちないという特徴があります。

塗膜を作ってしまうため、木の持つ手触りや温かみはオイル仕上げに劣ってしまいますが、基本的にはほこりなどを掃除するだけというメンテナンスフリーという利点があります。

ウッドスキンコート 塗布風景

下塗り・上塗り・つや消し剤(※つや消し仕上げの場合です)の3液で完成する塗料です。
4~5回の塗り重ねで完成する高耐久の塗膜です。基本的にクリアー色の塗料です。

画像の説明
ウォルナットは退色予防のため、ステインで色合いを濃く仕上げています

画像の説明
細い切り抜き部分にも残すところなく塗料を塗り重ねます

画像の説明
写真はつや消し仕上げの仕様です

ウッドスキンコートの制作ブログもご覧ください。
ウッドスキンコート仕上げは非常に手間がかかる塗料です。ご希望の方はオプションでの仕様となります。

雨ざらしの表札について

当工房の表札は「木」の表札ですので、基本的に雨ざらしはお勧めしておりません。
それでも昨今の住宅における表札の設置環境は多様化しているため、どうしても雨ざらし環境になってしまうというお宅も少なくありません。

オイル仕上げの場合

通常拭き上げ仕上げをしているオイルを塗りっぱなしにして半塗膜仕上げにする事により、雨や紫外線による耐候性が強まります。 またメンテナンスオイルの塗布をこまめに行う事で、耐候性を保つことも可能です。

また、木そのものの特性として耐久性・耐水性がより強い木材を選択することで、長く使える表札を制作することもできます(チーク、ヒノキ、米杉などがあげられます)。

これまでは塗膜塗料を雨ざらし環境でもご提案してきましたが、木材との相性などにより塗膜がはがれることがありました。最適な組み合わせがご提案できるまで、雨ざらし環境の塗膜仕上げは控えております。