表札・看板の取り付け方法

当工房のようにネット上で表札や看板をご注文いただくと悩むのがお取り付けだと思います。
新築なら工務店の方にお願いするのも方法の一つですが、自分で取り付けたいという方も多いかもしれません。

どんな場所に、どんな取り付け方があるのか、これまでの経験からご説明します。

在庫する取付用品

吊り下げ金具 A

吊り下げ金具 A
木ねじが効く壁面にとりつけます。金具がより深く組み合うので一つでもしっかり吊り下げることができます。サイディングでも使用されています。

吊り下げ金具 B

吊り下げ金具 B
上の吊り下げ金具よりも金具同士の組み合わせは浅いですが、複数組み合わせることでしっかり取り付けられます。
大きめの表札や横長の表札に使用することが多いです。

フェライト磁石仕様

フェライト磁石
ガルバリウム鋼板など磁石が取り付く場所で使用されます。
ただし磁石の吸着力は取り付ける側の形状や厚みにもよりますので、事前にお手持ちの磁石で試されることをお勧めします。


キーホール金具

キーホール金具
釘一つで吊り下げられるので様々な壁面へ取り付け可能です。
写真はよりしっかりと取り付けられるように2個使っています。
軽い表札の場合は貼り付けタイプのフックでも取り付けられます。

キーホール金具 縦

縦長の表札の場合、キーホール金具では揺れる事がありますが、金具を2つ使うとしっかり取り付きます。

表札自体にキーホール加工することも可能ですが、木の表札なのでこすれて穴が破損する場合もありますので金具を使用しています。


ネオジウム磁石 切り文字用

ネオジウム磁石
切り文字を直接ガルバリウム鋼板などの磁石がとりつく場所へ。
よりシンプル・ミニマムな取付方法の一つです。

玄関ドアに直接貼り付けることもできますが、開閉される場所は振動で落下することもありますのでご注意ください。

スタットボルト仕様

スタットボルト仕様
壁面に表札を浮かせて取り付けられます。しっかり穴をあける必要があるため専用の工具が必要です。
よりしっかりと取り付けされたい方にはお勧めです。

使い切り接着剤

接着剤による取り付け
取り外しができないのでメンテナンスや清掃がややしにくいですが、簡単な取り付け方法の一つです。
タイルやコンクリートなど穴をあけにくい場所にも取り付けやすい方法です。
塗り壁などにも取り付けされる方もいらっしゃいます。

屋外用協力両面テープ

屋外用両面テープによる取り付け
接着剤と同等ほどの強力な両面テープです。接着剤よりも最初の固定が早いので手軽な取り付け方法の一つです。
ただし、接着剤ほど凸凹面への取り付きががありませんのでフラットな壁や少しの粗面の壁に使用してください。
タイル、コンクリート、鋼板やサイディングには使用可能です。

U字金具

U字金具
チェーン等で吊り下げたい方にこの金具を使用しています。
それ以外にも釘に引っ掛けることもできるので簡単な方法の一つです。

取り付け方法 

作成中です