烏川渓谷緑地

先週のこと、滋賀県から友人家族が遊びに来てくれました。
これで3回目、近くの子連れスポットはだいたい行ったので、今回は安曇野市にある烏川(からすがわ)渓谷緑地に行ってきました。

烏川 1

私の住む松本市内からはだいたい30~40分、国営アルプス安曇野公園へ向かう道路から分岐して、北アルプス常念岳や蝶ヶ岳の登山口・三股に行く途中にある渓谷です。

※この烏川渓谷緑地は水辺エリアと森林エリアがあります。ご紹介しているのは水辺エリアです。

周囲はすでに木や森で囲まれています。森の中特有の、ひんやりしてコケや土のにおいがする空気に包まれます。

すぐ先は大自然ですがとてもしっかりと整備されているために、子連れでも気軽に行けるのが嬉しい所です。

管理事務所のある場所に10台ほど停められる駐車場があり、そこから1分で河原に降りることができます。しっかりした階段なのでお年寄りでも大丈夫。

烏川 水面

水はとても冷たく、そして透明で清らか。これが少し遠くても何度も行きたくなる理由。
本当に冷たくて、足を入れると思わず声が出ます。

烏川 3

山に囲まれていますが、河原は日の光がさんさんと降り注ぎ、川遊びで冷えた体を温めることもできます。

烏川 吊り橋

駐車場からすぐ吊り橋があり、反対側に渡ることができます。遊んでいる河原から見るとこういう感じです。

※ロープの先は3mほどの切り立ったえん堤。ゾッとします。

対岸はトレッキング感覚で散歩することもできます。

娘とスイカ

河原でスイカをおすそ分けしてもらいました。
娘も2才になりました。何にでも興味を持って元気です。

子連れの家族、友達同士、カップルで…たくさんのひとが憩いの場所としてやってきます。

海のない長野県、きれいな川にはたくさんの人が集まります。

後日談。息子は次の日から熱を出しました。プール熱で今週ずっと保育園はお休み…。

コメント


認証コード5008

コメントは管理者の承認後に表示されます。