雪原の洋館

昨日の松本の最低気温は-12度だったそうです。
松本は盆地なので冷えるときはこのくらい冷え込みます。
初めて引っ越して来た年は、家の中でコップの水が凍っていました。安い家賃の寒い家に住んでいたせいでもありますが。

必死で仕事に精を出していますが、時々家族と買い物などで街中に下っていきます。
先日大雪が降った時に通りかかった場所で、こんな景色が見えました。

画像の説明

写真を撮ったのは実は今日なのですが、なんだか素敵な場所だと思いませんか?
この写真を見てすぐにピンときた人は、松本在住か以前住んでいた人か、松本好きの人だと思います。

ここは以前、カタクラモールというショッピングセンターがあった跡地です。
松本や諏訪には養蚕で財を成した片倉財閥の建物がいくつか存在しています。
その「片倉」の名がはいったショッピングモールが、松本の中心地にあり地元の人々に愛されてきました。

しかし惜しまれつつ昨年閉店して、次はイオンモールの建設予定地として建物が取り壊されました。
しかししかし、同じ敷地内にあった「カフラス」という会社名の古い瀟洒な建物(昭和4年建設だそうです)は残して、新しいイオンモールとの共存をさせるという事で、このように広い更地にぽっかりと残されていました。

そしてこの度の大雪で、街の喧騒を忘れさせてくれるような、不思議な景色が生まれました。

大雪原の不思議な洋館。

イオンの建設が始まったらもう見られない景色です。これは今だけ、今年だけかもしれません。

この更地の東側から眺めると、北アルプスの大パノラマが見えます。遮るものがなくなって素晴らしい景色ですが、運転中はよそ見しないように気をつけましょう。

コメント


認証コード0308

コメントは管理者の承認後に表示されます。