キャプション(説明文)の作成

少し前に画家の方からご依頼がありました。

ご自身の描いた絵のキャプションです。キャプションとは絵画のタイトルや説明文を乗せたものですが、それを私の作る切り抜きの方法での製作でした。

大きさ、内容の文章は決まっていましたが、なかなか難しい仕事でした。

画像の説明

一文字が1cm弱の切り抜き、そして長い文字列なので、失敗するともう終わりです。 幸い指定の材料はたくさんありましたが、非常に繊細な仕事でした。
また材料のケヤキですが、ケヤキは環孔材といって導管がはっきりしています。固い木材ではあるのですが、導管部分はもろいですので鋸刃が流れやすく繊細な加工には不向きでした。

それでも何とか頑張り、形になりました。

画像の説明

画像の説明

鋸刃の入るドリル穴が分かる部分もあるのですが、少し力が加わると破損も心配なのでこの辺りが限界です。 「e」や「o」などの文字も、一部をいつも通り表面を彫刻刀で彫り込んでいます。 レーザー彫刻機がないのでこのような仕事をしていますが、今回は欲しくなりました。でもそれだと私に依頼は来なかったのかな?とも思いました。

ご依頼主から取り付けた写真もいただきました。

画像の説明

画像の説明

どこまでも優しく、平和を求める画家 たけおまりこ さんの絵です。

絵とともに、長く役立っていただけることを願います。

コメント


認証コード3592

コメントは管理者の承認後に表示されます。