「切り文字の表札」のページに変更です

昨日このブログで「切り抜き文字だけの表札」として新しくページを作った、と書きましたが、どうにも「切り抜き文字」「切り文字」「切り出し文字」などややこしく、意味もおかしいなと気づきましたので変更します。

あくまで私の工房での意味合いとして確認です。

切り文字というのはこの様なものです。

画像の説明
切り文字

切り文字 と 切り出し文字 は同じ意味合いです。

切り文字にピンを付けて、浮き文字にしたものが

画像の説明
切り文字を浮き文字に

こちらです。

このような作りの表札を

画像の説明
浮き文字の表札

浮き文字の表札と呼びます。

そしてこちらが

画像の説明
切り抜き

切り抜き文字の表札、という事です。

手法を商品名としていたためにこんがらがってしまいました。ネーミングは難しいですね。

ここから下は昨日書いた「切り文字の表札」のご紹介文です。

これまでも切り文字だけを使って表札にされてきた方がたくさんいらっしゃいますが、分かりやすいページとしてご提案してきませんでしたので、新しくページを作りました。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

これはご自宅で好きな場所にお取り付けできるのでより自由度が高い表札にできると思います。ただ文字バランスがとりにくいご苗字などは、制作前によくご相談したうえでお作りしますので、まずはご相談いただければと思います。

ややこしくてすみません。

コメント


認証コード2915

コメントは管理者の承認後に表示されます。