集塵機の改良

おかげさまで子供たちは病院から退院しまして元気に過ごしています。
あまりに仕事がずれ込んでしまったため、もとのペースに戻すのも何日もかかってしまいました。

頑張って仕事していますのでよろしくお願いします。

以前に集塵機の記事で、工房の集塵機は手作りだと書きました。
ずっとこの集塵機を二年以上使用してきたわけですが、ちょっとうまくないため改良しました。改悪ではありません。

以前のお手製サイクロンは確かに気流のようなものは起きていたので切りくずはペール缶の中にたまっていましたが、細かい粉じんはどうしても掃除機の方に溜まっていました。ゴミがたまる場所と吸引口が近いのもよくありません。

掃除機ですから細かなゴミくらい溜まってもいいやと思っていたのですが、空気を清浄にするHEPAフィルターがしょっちゅう詰まってしまったり、モーターの方まで粉じんが入り込んでしまって、最近掃除機から異音が聞こえるようになりました。

これはいかんと思い、まず掃除機の掃除。

開けられる部分はすべて開けて、入り込んだ木の粉じんを掻き出しました。とれない部分は逆さまにして振るったら、なんと5cmはあるゴキブリの死骸が!!
今の家にはゴキブリはいないと思うので前に住んでいた家の時代に入り込んだと思われます…。おそらくコードの巻き込み口から入り込んでいたのではないかな?おぞましいものを見てしまいました。
ゴキブリには良い住処だったのか…家庭用ゲーム機などにも住むことがあるらしいですよ。

掃除機はなんとか調子を取り戻しました。

今回の集塵機はもう自作のサイクロンはやめて、市販のサイクロンパーツを購入することにしました。
調べると結構手ごろな値段で購入することができます。

画像の説明

メガホンをひっくり返したようなものが、サイクロン気流を起こします。以前に使っていた蓋つきペール間の上に、ねじで取り付けるという形です。
上の穴に掃除機の吸引口を取り付け、サイドの穴に集塵ホースを取り付けます。

実際取り付けてみてどうだったか!?

ばっちりです。

しばらく使っていますが、掃除機側に粉じんはほぼ入り込みません。
やはりこの逆円錐形の形が最適な気流を生み出すのでしょうか?
ゴミがたまるペール缶と吸気口の距離も長くなったため、たまったごみを吸い込むという事がなくなったのでしょう。

今回も購入は某ショッピングサイトから買いました。手作り集塵機を考えている方は是非やってみましょう。

掃除機に溜まったごみやフィルター掃除など余分な仕事が減りました。吸引力も維持されますので気持ちよく仕事ができます。
掃除機が壊れるんじゃないかと思っていたので、気がかりが一つ減りました。やってよかった。

コメント


認証コード5952

コメントは管理者の承認後に表示されます。