林城址のハイキング

先々週の週末に、娘の保育園のクラスでコロナウイルス陽性者が出て、週明けから一週間自宅待機期間になってしまいました。 その時の出来事。

娘は元気いっぱいなので、もう仕方ないと一日数時間は遊びの時間に取り分けて公園遊びをしたり自転車練習に付き合ったりしていました。
そんな中で近くの山城跡にハイキングに行きました。
松本市里山辺にある林城址(はやしじょうし)という場所で、松本の小笠原氏のお城だったとの事。現在は石垣や角石のようなものが残っているのみです。

一時間程度で城跡へ行ける、登山未満ハイキング以上、という山行です。 
山は最初が急登でつづら折りに登ると眺望が開け、松本平や北アルプスを一望できます。ベンチがあるのでここで一休みです。

林城址中腹
これは帰り道。ここでおにぎりを食べましたが…

しばらくすると松林の中になるため眺望は望めないのですが、軽いアップダウンを経て林城址に到着です。

画像の説明

娘と林城址

二人で写真を撮り合いしました。

季節もちょうどよいのか10名ほどの人とすれ違っています。中高年が多くほぼ手ぶら。こちらはお弁当と水とか軽登山の準備をしているのに拍子抜けです。と言ってもこちらもジーパン登山ではあります。

登った後は本来反対側、あるいはもう一方の側に降りる事ができるのですが、そちらはあまり歩く人が少ないせいか藪漕ぎになると登っている人に教えられ、もと来た道を戻りました。

小さかった娘も今では私よりも体力があるのではと思うほどです。

画像の説明

ただし、トイレが近くにありません。娘も帰り道にトイレに行きたくなり、お弁当もすぐ取りやめて戻りました。登山口から少し離れていますが教育文化センターという施設がありそこで借りられます。ついでに駐車場もそこからOKだそうです。

ところで久しぶりに履いた登山靴、なんとソール剥がれを起こしました。

画像の説明

確かに登山に使ったのは10年以上前。
登る前に確かめた時はソールのサイドがべとついて劣化しているのは把握していましたがいきなりこうなるとは…。もっと長い道中なら大変でした。
剥がれはじめは靴底に何かがくっついた感覚で、その後はつま先だけのサンダル状態。 紐で縛って応急処置して登れましたが、最終的にはすべてアウト。

画像の説明

久しぶりに登山靴を使う際は注意が必要です。見た目だけでは分かりません。近所で履いてみるなどした方が無難です。

いろいろな意味で時の流れを感じた一日です。

コメント


認証コード6161

コメントは管理者の承認後に表示されます。