抗原検査

今日から松本は梅雨に入ったようです。6月6日に雨ザーザーです。

我が家は先週初めに5歳の娘が高熱を出して3~4日寝込み、次に長男に感染して週明け月曜日の今日。まだ本調子ではないようで、家でぐったりしています。娘は声がガラガラですが家はもう退屈なのか、嫌がらずに保育園に行きました。

今回、子供たち二人とも40度の熱を出すのは久しぶりなので、早めに小児科に行きました。…が、今はまだコロナ禍。発熱のある患者の受診は慎重に行われています。
 
まず病院の玄関で電話をしてやりとりするので中に入れません。そして厳重に感染対策をした先生だけが外にやってきて、車の中にいる子供をドア越しに診察し、抗原検査をします。鼻の奥に細綿棒をいれて涙がほろり。お金も事務手続きも病院の窓越し。 

ものものしいやり取りでしたが結局二人ともコロナは陰性。ホッとしますが、体調が悪い事には変わらず、診察もあくまで「コロナウイルスではない」という結果で、解熱剤やのどの痛みにはそのお薬を処方するというだけ。いったい何の熱が出ているのかが分かりませんでした。

コロナ対策の生活が長いので、割と病気にかからなかったのがかえって災いとなったのか、今回は長引きました。おかげで遠足も、運動会も休み。タイミングの悪い風邪?でした。

画像の説明

コメント


認証コード3362

コメントは管理者の承認後に表示されます。