表札の製作例 2021‐4

10月に入りました。
松本はすっかり稲刈りが終わり、ぶどうの収穫も最盛期。
八百屋さんにはりんごも並び始めました。

表札の製作例報告がすっかり滞りました。
今年前半の表札も交じりますがご覧ください。

画像の説明

すべてウォルナットで製作したフレーム付きの長方形表札。

画像の説明

こちらはベースの板が天然木曽檜、切り文字にイチイ材。
滑らかな筆文字と筆記体の英字の組み合わせ。どちらもしっとりいい雰囲気です。

画像の説明

目立たないシンプル表札、栗バージョンです。

チーク材の表札

こちらは正方形のフレーム付き表札。サイズが18cmと大きく、尚且つチーク材というぜいたくな表札です。

桜の表札

桜材、すべてを浮き文字で作成した表札。ベースの板を角丸で仕上げているので柔らかさがあります。

シンプル表札

最後はシンプル表札のアレンジバージョン。サイズが変わると印象も全く変わります。素材は栗です。
現物にはご住所の番地も入っていましたが消しています。

時々「家の雰囲気にはどんなものが似合うでしょうか?」と質問されることがあります。文字は好みがその方を表すと思いますが木材に関しては、玄関や外の柱などの色味と合わせるといいです、とお伝えしています。

今回のご紹介分はまだ4月分でした。徐々にアップしていきます。

コメント


認証コード9316

コメントは管理者の承認後に表示されます。