遠くで出会う3つの看板

少し前に納品した2つの看板をご紹介します。

木製会社看板

ベースがウォルナット、文字をホワイトアッシュで作成した看板です。幅は40cmです。
グループの会社として同じ雰囲気の看板としての製作でした。

そしてこの2つの看板は以前のブログ、2020年の製作例3で掲載させていただいた会社からの追加依頼でした。ちなみに最初の看板がこちらです。

木製会社看板

見比べるとお分かりですが、3つが同じサイズ、素材、書体の看板なのです。

今回の2つのように一度に作るのは同様の仕様で作成できますが、少し期間を開けて作成なのでご依頼主にもう一度板厚や文字の浮き幅など確認して製作しました。
いずれそれぞれの会社へ取り付けられるはずですし、それぞれが違っていても不都合はないのですが、いまのところ1つの会社の壁面に3つが並んで掲示してあるとの事なので、同じように仕上がっているか少し気になります。 

時期がずれて遠い場所で出会う3つの看板、生まれた(作られた)場所は同じなのに少し不思議です。 人間だったらドラマチックな瞬間になると思います。

12月も、2020年もあとわずかとなりました。

私の仕事はお店がある商売ではなく細々と製作している工房なのでコロナの影響はそれほどでもない(と思う)のですが、自分たちを取り巻く日常の変化や家族が受ける副次的な影響が、むしろ大きい一年でした。

あっという間に日々のことで終わってしまって、やりたい事や挑戦する事が少ない一年になってしまいました。
大きな変化は小さな一歩一歩の積み重ねのはずなので、これはやはり自分を叱咤して毎日を変えるしかないと思います。

コメント


認証コード9610

コメントは管理者の承認後に表示されます。