テーブルの修理

少し前、知人からテーブル天板の補修を頼まれました。
20年くらいは使っているものだそうで、天板のウレタン塗装が剥げてきて見苦しくなっていました。 
大きな家具製作はまだ力不足なのですが、できる範囲でという事で引き受けました。

画像の説明

テーブルは裏面から六角レンチで天板を外せる仕様になっていました。 反り防止の桟木と取り付け用の桟木4つが取り付けてあり、これも外してみるとオークの元の色が出てきました。

画像の説明

この無塗装の色味までひたすらサンダーで削ること数時間。

画像の説明

ようやくきれいなオークの木肌の色が現れました。
個人的にはそれぞれが持つ木本来の色が好きですが、置いている部屋の雰囲気などありますので、近い色合いに着色することにしました。

画像の説明

塗料は浸透性ウレタンの木固めエースがあるので、それを使いました。最後にオイルを塗ってしっとりとした手触りに。ウレタンを塗った後にオイル?という意見もあるようですが、良い雰囲気・手触りになるのでこの仕上げが好きです。

いい木材を使っていると修理して使いたくなりますね。アンティークの家具にオークが使われるのもうなずけます。
塗料だけの修理でしたが勉強になりました。

コメント


認証コード4284

コメントは管理者の承認後に表示されます。