磁石付きの切り文字表札

9月に入り、残暑の日中とは裏腹に朝晩夜はすっかり秋の雰囲気になっています。鈴虫と蝉が同時に鳴いている、季節の変わり目です。

周囲のブドウ畑はいまが収穫真っ盛りです。そばを通りかかるだけで甘い香りが漂ってきます。

切り文字の表札のご依頼があり制作しました。

今回はその切り文字を磁石で取り付けたいというご相談でした。

まず素材の選定。紫檀での制作。

画像の説明

紫檀はとにかく堅いのです。金属のような固さを感じます。
紫檀は木理(木の繊維、木目のようなもの)が複雑で、ナイフで削ることはなかなか難しい木材です。切り文字など鋸で切ってやすりで削るのは問題ありません。

ご苗字のほかに番地のご依頼もありました。

画像の説明

個人情報になりますので番地はあえて変えてあります。
製作途中の写真を取らずに完成写真。

画像の説明
裏面

磁石はネオジウム磁石を使っています。この磁石は驚くほどの吸着力があります。
いまはたくさんのサイズが手に入りますので、切り文字のサイズに合わせた磁石を用意して取り付けました。

小さいパーツは小さい磁石になるのでより多めにつけています。
文字の幅ギリギリのところもありますが、なんとか制作完了。お客様からはしっかり吸着しているとの事で安心しました。

磁石取り付けに関しては、磁石の強さのほかに取付箇所にも左右されます。薄い鉄板よりも、平面でしっかりした厚みのある鉄板の方がより吸着力が高まります。
取り付け面の状況に合わせて使用する磁石も変えておりますので、お考えの方はご相談ください。

コメント


認証コード3429

コメントは管理者の承認後に表示されます。