夏休みが終わる

暑い暑い夏の時期も過ぎ、秋の気配がする雨が降る中、息子の2学期が始まりました。少し夏休みが短い学校かもしれません。

親にとっては「やっと終わった…」と安どする時期ではないでしょうか?我が家も何とか終わりました。
子供たちがどう過ごしていたか簡単な報告です。

自分自身の自覚。

長男は自閉症スペクトラムのある息子です。
少しずつ自分の障害を教えていましたが、とうとう自覚してきたようです。地域の子供会でうまく馴染めなかったり、スポーツで体を上手く動かせないと「はったつしょうがい、いやだ~」とべそをかくようになりました。 難しい現実を突きつけてしまったようですが、何事も少しずつ教えて成功体験を積み重ねられるように気をつけたいと思います。

息子の関心事。

休みの始まりごろ、テレビで映画「この世界の片隅に」を見ました。まず日本で戦争があったことや街がたくさんなくなったことに関心が向きました。その映画の中で、焼け野原の広島に路面電車が走っていることに注目。折しもトミカのミニカーで同じ路面電車を持っていたことでさらに関心が増大。図書館で本を借りてじっくり勉強。

そのうち関心は路面電車→電車→プラレール熱再燃→新しいデザインの山手線が欲しい…となり、

画像の説明

画像の説明

久しぶりにプラレールを買いましたよ。
この新しいデザインの山手線はライトやサウンドもあり、その分値段もいい値段します。 でも大本命が手に入って大喜びで遊んでいました。

ケンカも毎日。

暑い日々が続いたので家で過ごすことも多かったです。

画像の説明

画像の説明

下の子が3歳になり、だんだん自己主張も強くなり長男との精神年齢が近くなりました。 一緒に遊べることも増えましたが、反面モノの取り合いでケンカケンカの毎日です。

画像の説明
妹に顔をひっかかれる

毎日毎日ギャーギャー大騒ぎで仕事をしていても仲裁を求めに仕事場に来られて大変でした。
あともう少し大きくなったら…と希望を抱いて我慢の毎日。

娘の気の強さには親も手を焼きます。

画像の説明
本物のスイカバーを持つ娘

とはいえ妹も遊び相手がいて毎日楽しい様子。なので今は何をやっても張り合いがないみたいです。

親としては子供の初めての長い休み、大きくなって思い返した時に、楽しかったと思えるようにいろいろ努力したつもり。順調に2学期がスタートしてくれたらいいと思うばかりです。

コメント


認証コード5841

コメントは管理者の承認後に表示されます。