家のかたち

おととい雪がふりました。まだ肌寒い4月です。

長男の小学校のおかげで、家族の生活時間が1時間以上早くなりました。順調に息子は歩いて登校しています(母親と妹が付き添って)。全校およそ600人の大きな学校なので、集団の中ではちょっと気後れしているみたいです。

私は毎年花粉症から副鼻腔炎になり困っています。独特の頭痛が始まりました。
ただ、昨年作ったどくだみ茶を毎日飲んでいるせいか、自然と改善しつつあります。良いといわれることは続けてみるものです。

少し前にチーク板の耳部分で家のオブジェを作ってみました。

画像の説明

素材ありきでの制作なので一点ものでサイズもそれぞれ。
屋内用のオイルで仕上げてみました。

画像の説明

耳部分というのは木の皮近くの部分です。
木の外側は養分を吸い上げたりと成長する部分なので加工にはあまり向いていませんが、自然なラインが魅力でもあります。
ボロボロと崩れる部分があるのでそれはしっかりと取り除き、荒々しい雰囲気は茅葺のような屋根に似ています。

画像の説明

画像の説明

家はその形が存在感ありますね。

昔NHKの歌で「イエ イエィ!」という歌がありました。いろんな動物のいろんなカタチの家があるけど、家は「外よりず~っとあったかい」、「うーんと元気をつくっちゃう」のが家、というような歌詞でした。

家の形に惹かれるのはそんな思いが一人一人の中にあるからだと思います。

コメント


認証コード0293

コメントは管理者の承認後に表示されます。