はらぺこあおむしの折り紙

昔から紙細工や折り紙が好きです。

いま2才7か月になる娘は、退屈すると
「なんか作ってーー!」
と折り紙や切り紙をねだってきます。
先日はコップの絵に描いてある「はらぺこあおむし」の絵を指さして、
「こんどこれつくって」
とお願いされました。

調べたら大人も おおっ!と思うような、リアルな(絵本の絵にリアルな)折り紙の作り方を見つけたので、こっそり作って驚かせようと早起きして作りました。

画像の説明

作り始めたら…思った以上に時間がかかる!予定の30分はとうに超え、なんでこんなことを始めたのかと少し後悔。でもなんとか完成しました。
興味ある方は調べるとすぐに見つかります。

画像の説明

この折り紙はパーツを組み合わせていくタイプの折り紙です。
緑、きみどり、深緑色が各1枚。これを4つの正方形に切って2つずつ左右対称のパーツに折ります。パーツづくりが手間です。

画像の説明

色と形が違うパーツを縦に差し込み、すこし折り込んで外れないようにします。

画像の説明

これの繰り返しなので難しくはありません。でも1色4枚×3色分、12個のパーツを折り込むのでちょっと時間かかります。

画像の説明

そして別に準備した折り紙で顔や触覚、目と鼻を作って張り付けて…完成!

画像の説明
あれ、写真撮影で指が…

画像の説明
写りたいけど写りたくない2歳の娘。

絶対ケンカの元になるので、実は2つ作りました。それで時間もかかりました。

写真にもあるように、パーツで伸び縮みしますのであおむし感がリアルです。こだわる方は足もつけると、もっと「はらぺこあおむし」になります。

ただ子供たちの反応はというと、やっぱりというか何というか、「うわぁ~」と言って、すぐに興味なし。 
大人が頑張って作ったものはあんまり喜ばないようで、簡単な折り紙に顔を描くだけで良かったり。 やっぱ子供だなぁ…。

コメント


認証コード0123

コメントは管理者の承認後に表示されます。