居心地のよい図書館

先週長男にまとまったお休みがあったので、用事がてら隣町の塩尻市の駅前にある、「えんぱーく」という複合施設に行きました。
図書館好きの友人から、ここの図書館は良い!といわれていたので楽しみにしていきました。

画像の説明

1・2階が吹き抜けで、一人の人もグループで来た人も落ち着いて座れる場所がたくさんありました。

画像の説明

このえんぱーくは程よく人の声があり、しかも喋ってもあまり響かないです。おまけにパン屋さんなんかもありますので、いろんな年齢のひとの憩いの場になっている感じでした。

画像の説明

近くにこういう場所があるのはうらやましい。
都会だと人が多すぎるので、こういう地方都市の施設は居心地が良いと思いますね。

残念ながら松本の図書館はちょっと古いタイプのもので、「シン…」としていなければいけない雰囲気が強く、子供が一緒だと落ち着いて本が探せません。
子供向けの本はフロアが別なのですが、そこでもシーンとした雰囲気が気になります。図書館はもっと楽しく、少々喋っても良い場所では?と思います。

建物の構造が人々の動きもくつろぎ方も左右しますね。公共の建物はもっと子供や障害のある人にも使いやすいデザインを希望します。それは誰もが使いやすい場所になるという事でしょう。

コメント


認証コード8924

コメントは管理者の承認後に表示されます。