2017・11月の制作例

やっとブログが書けました。何度も取り掛かりましたが夜遅くで力尽きて、のびのびになりました。
年末という事で、これまでになく頑張って制作をしています。
色々と事情があり、注文表札の制作が遅れに遅れてしまいました。この場を借りてお詫び申し上げます。

12月も後半に入り、寒さもだんだん厳しくなってきました。人に見せられないような恰好をして寒さ対策をしています。
ただ、寒すぎると表札の塗料や接着剤の渇きが遅くなりますので、ある程度の暖房も必要ではあります。

11月の制作例を掲載します。

木製表札

こちらは15cm角丸、ウッドスキンコート仕上げ表札です。すべてウォルナット。

切り抜きロゴ

経営されている会社のロゴを切り出しています。とてもユニークなロゴですよね。

実はこの表札、間違えて真四角のまま塗膜塗料を塗ってしまい、文字を取り付ける段階で角丸仕上げに気付きました。ガーーンとなりましたが気を取り直して角を落とし、塗料を塗って仕上げ直しました。

画像の説明

こちらは12cm正方形フレーム付きのウッドスキンコート仕上げ表札です。ベースとフレームがウォルナット、漢字のご苗字のみメイプルです。

こちらの表札の漢字、「樋」のしんにょうが、本来は「点が2つ」でしたがご希望で点1つにして作っています。
細かなご希望にもできる限り応えています。

IMG_2899 (2)

こちらは12cm正方形、オイル仕上げの表札です。
素材はすべてウォルナットです。
シンプルな一文字のご苗字はどんな書体を選ぶかで印象が全く変わります。
きちっとした楷書体は誠実な雰囲気が漂います。

画像の説明

15cmウォルナット、ウッドスキンコート仕上げ表札です。
ポイントは前回のブログでも書きましたが漢字フォントが「風来坊」です。

画像の説明

こちらは20cm正方形のオイル仕上げの表札です。
ベース板がホワイトオーク、漢字がウォルナットです。
オークのうつくしい木目がしっかり感じられる表札になりました。

画像の説明

最後はショップ看板です。お客様から頂いた写真を掲載します。
縦32cm・横44cmの、当工房では大型の看板です。
写真のように屋内での設置のため、すべてウォルナットでオイル仕上げでした。

画像の説明

文字にテープを張っていますが見えるでしょうか。
長い文字列でも基本的に同じ板から切り出しているので、木目は通ったものになります。
同じアルファベットがいくつもありますので、「何番目の文字か」という目印でテープを張っています。わずかな違いですが、隣同士の木目の流れと同じくなるように取り付けています。

画像の説明

これは文字の取り付け風景です。
細いピンの取り付け穴に接着剤を入れています。

画像の説明

そして全て取り付けられた看板です。
長い文字の羅列は取付けに神経を使います。

掲載許可の表札は以上です。制作を考えている方はご参考にして下さい。

12月もあと残すところ2週間ほど。最後の追い込みです。

…なんだか試験勉強を思い出してしまいました。

コメント


認証コード1349

コメントは管理者の承認後に表示されます。