お手軽登山? 長峰山

梅雨が明け暑い日々が続いたのにまた1週間、雨がしとしと降る日々が続きました。
そんな雨の日々が始まる前の晴れ間に出かけた話です。

松本市と合併した四賀村に行く道を途中で安曇野方面に曲がる道があります。
しばらく走ると
「光城山 長峰山 登山口」という看板があります。
真冬を除く期間、林道を車で通ることができます。

この山は本格的な登山の前の、いわば足慣らしのような山ですが、山頂からの眺望が良いので人気があります。しかも長峰山はほぼ頂上まで車で行くことができます。

いまは二人の小さな子供がいますので、しばらく本格登山は無理です。
長野県には車で行ける高原はたくさんありますが、市内から手軽に行ける山としては結構よいかと思います。

頂上付近に20台ほどとめられる駐車場があり、そこから2分ほどのぼると、頑丈な木造展望台と、その向こうに安曇野の広々とした景色を見ることができます。

PAP_0340 (7)

ふしぎなオブジェがあります。

斜面は木が生えていないのでパラグライダーの出発点にも使われています。

安曇野・穂高などの田園地帯、晴れていれば北アルプスが一望です。

PAP_0337 (6)

こちらは展望台から見た東側、山の合間に見える集落は四賀(村)と思われます。

頂上では5~6人の登山者がいて、ちょうどお昼ご飯を食べていました。

PAP_0335 (7)

展望台の一番上も屋根がかかっていて、木のテーブルとベンチがあります。
息子は「こんどはここでお弁当食べたいねぇ」と言っていました。思いつきのドライブだったので、おやつしか持ってきませんでした。

この山には6~7年前に登りました。
その時は車ではなく東側のきちんとした登山口からのぼり、光城山~長峰山とちょっとだけ縦走気分を味わいました。
(ちなみに山の下には篠ノ井線の線路が通っています。
ちょうど田沢駅と明科駅の間にこの2山がありますので、縦走して山の反対側に降りた後で電車で戻ることもできます。)

この時はまだ二人で子供はいなくて、この展望台もまだ無かったと思います。

またこの山に登る時に自分に子供がいるなんて思ってもみませんでした。

久しぶりに登った(と言えるのか分からないような)山ですが、ふしぎな時間の流れを感じました。たまにはいいですね。

コメント


認証コード7791

コメントは管理者の承認後に表示されます。