今年のクラフトフェア

毎年5月の最後の土日は、松本のあがたの森公園で行われるクラフトフェアで盛り上がります。
今年も参加ではなく、いち見物客として行ってきました。

松本クラフトフェア

前日の雨が心配でしたが、この二日間は素晴らしい天気に恵まれて遠方のお客さんや出品者も、さわやか信州を満喫できたことと思います。

松本に戻って3年目で思うのは、このフェアが松本全体のイベントとしてさらに協働しているなと思いました。この5月は美術館や個人ギャラリーも力を入れて企画をしていましたし、街中いたるところでテントを張って個人作家の出品が行われていました。

しかし二人の子供を連れては、十分にお店を見て回ることができませんでした。なんとなく会場の雰囲気を感じるくらいです。
出品している作品に触らないか、落とさないか、と心配してばかりで気が気ではありません。来年は子供を家において、一人ずつ見に行かないとつまらないです…。

会場のあがたの森公園のほど近くに、松本イオンが建設中です。今年の秋にオープン予定ですので、来年のクラフトフェアの時はどのような人の流れになっているのか注目です。 今後の松本中心部もだいぶ変わってくることでしょう。

クラフトフェアと合わせて楽しみにしているのが市内、六九通りのクラフトストリートです。昨年のクラフトフェアのブログにも書きましたが、ここはミナペルホネンや三谷龍二さんのショップ、ほかにもグッとくるような味わい深いお店が並んでいるいい通りです。

ここもこの時期に特設会場が開かれて、大いに盛り上がっています。
今年もミナペルホネンのデザイナー皆川明さんが来ていて、トークイベントが行われていました。

松本はこの様ないい感じの通りがいくつも残っています。観光客の方も、定番スポットから一つ外れた通りを見てほしいですね。

クラフトフェアの帰り途中、見つけた静かな公園でしばらく子供を遊ばせて帰りました。
大人の見物に付き合ってくれてありがとう、と声をかけました。

静かな公園

誰しも好きな事や気になることは違います。
お互いの関心事を尊重することが大事だなと思います。

コメント


認証コード1482

コメントは管理者の承認後に表示されます。