8月の制作例

自宅の一室を工房にしているのは、少しの空き時間でも仕事に使える利点がありますが、逆に頻繁に家人や子どもから声を掛けられて子守をさせられるという状況が生じています。

夫として親としての責任ではありますが、もう少し仕事をさせてくれ~と心の中で叫んでいます。

先月は初めてぎっくり腰になりました。軽傷とはいえ、なんとなく動きも悪くて仕事の効率が悪かったように思います。だいぶ調子が良くなってきたと思ったら、先日また痛みがぶり返しました。やっぱりクセになるんですね。

先月作った表札の掲載できるものをご紹介します。

栗とウォルナット表札

こちらはベース板が栗材、浮き文字がウォルナットで制作しました。 別々の樹種ではこの組み合わせは初めてでしたがいい感じに出来上がりました。アーカイブというアルファベットフォントで、漢字は隷書体を太字にしました。

ウォルナットとメイプル表札

こちらはベースがメイプル、フレームと浮き文字がウォルナットです。アルファベットが筆記体フォントです。サイズは12cmです。

N様表札

こちらも正方形フレーム付きです。
ご依頼主の方が気に入っていた表札レイアウトをそのまま形にしました。アルファベットを縦に配置するのが新鮮ですね。
漢字フォントは金文体です。取り付けできる範囲に太字にしています。
ちなみにこちらで作ったレイアウト画像はこういうものです。

画像の説明

切り抜く文字の部分は分かりやすいように白く表現していますが、写真のように実際は壁に取り付けると黒っぽく見えます。

F様表札

こちらはすべてウォルナットで制作した表札です。
漢字は青柳隷書です。

25mm表札

こちらは19cm正方形、25mm厚の重厚な表札でした。
何といってもご苗字の字面がかっこ良すぎです。

H様表札1

8月で一番大がかりだったのがこちらの表札です。
右下の部分にインターホンのスペースがある、オーダーメイドのサイズとなりました。

H様表札2

L字型のフレームと、ブロードウェイというフォントの浮き文字が特徴です。
このような新しい形や文字に取り組むのはやりがいがあるものです。

K様表札

最後はこちらの丸型表札。
漢字フォントは白舟書体の白舟篆書です。フリーフォントのため漢字の数が限られています。

実は最初にお問い合わせがあったのは今年の2月でした。ご依頼主の方もいろいろデザインを考えてくれて、デザイン決定したのが5月後半。完成まで長い道のりでした。家ができるより長かったかもしれません。申し訳ないです。

他にHP掲載NGの方、お尋ねできなかった方など多数ありました。
まだまだ未熟な点は多いですが、それをカバーしようと熱意をもって作っています。
仕上がり・完成まで時間がかかりますがどうか待っていてください。

コメント


認証コード2403

コメントは管理者の承認後に表示されます。